TEL
LINE at

巻き爪 | 川崎市の整体ならすこやかボディーケア整体院|鹿島田駅・新川崎駅

〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場2-105
お問い合わせはこちら

巻き爪

巻き爪の症状について

巻き爪の多くは、足指の爪の端が内側に巻き込んだ状態になり痛みを引き起こす症状で、症状が悪化すると姿勢や歩き方にも支障がでてしまいます。足の親指に起こりやすい巻き爪は、初めは爪周辺の皮膚が炎症を起こして赤く腫れ、そのまま放置していると次第に症状が進行して肉芽腫になり、さらに悪化すると化膿して激痛のために歩けなくなることもあります。川崎市幸区のすこやかボディーケア整体院では、巻き爪の矯正も行っております。透明色のプレートを貼って矯正をする無痛施術も可能ですので、巻き爪が悪化してしまう前にご相談ください。

巻き爪の原因について

巻き爪の多くは、爪を切るときに深爪にしてしまうことが原因と言われています。

爪の両端を切ってしまったり深く切りすぎてしまうと伸びてきた爪と足指の肉がぶつかり合い、歩いたり走ったりするたびに爪に圧力がかかるため内側に変形してしまいます。

基本的にはつま先に圧力がかかると巻き爪になりやすいため、つま先が狭い靴やヒールの高い靴を普段からよく履いている人、つま先に圧力がかかりやすいスポーツをしている人が巻き爪になりやすい傾向にあります。

また、外反母趾の方や足の形に合わない靴を履いている場合も、巻き爪になりやすいので注意が必要です。

巻き爪の治療について

巻き爪の治療はワイヤーやクリップ、プレートなどを使った矯正が基本となり、症状の状態や程度によって選択する必要があります。現在主流となっている巻き爪の矯正は、皮膚に食い込んでしまった爪を平らな状態に整える治療で、「内側に巻いてしまわない爪を作る」目的もあります。

それほど巻き爪の状態が進行していない場合は、テーピングなどでのセルフケアも可能です。

川崎市幸区のすこやかボディーケア整体院では、透明色のプレートを使用して巻き爪の矯正を行います。

爪や爪周辺のケアを行い無痛での巻き爪矯正を行いますので、何度も巻き爪になるという方も一度ご相談ください。

巻き爪の予防について

巻き爪の予防には「正しい爪切りを心がける」「自分の足に合った靴を履く」ことが基本なので、正しい姿勢や歩き方を意識することも大切で、使用するツメキリも切れ味のよいものを選ぶようにしましょう。

川崎市幸区のすこやかボディーケア整体院では、巻き爪の予防やセルフケアについてもアドバイスいたします。

お一人おひとりの足の状態に合わせた施術を行いますので、痛みを我慢せずに早めにご相談ください。